スポンサーリンク

エージェントなお仕事 あらすじネタバレ感想キャスト評価★5 Netflix韓国

コメディ!
スポンサーリンク

ネットフリックス今回は韓国ドラマ『エージェントなお仕事』。

芸能事務所のエージェントたちの奮闘を描くコメディです。

なんといっても期待しちゃうのは、カメオ出演で大物俳優たちが登場すること。

期待しかないですよねー!!

それでは「エージェントなお仕事」あらすじネタバレ感想についてもご紹介、ご参考にどうぞ!



スポンサーリンク

「エージェントなお仕事」Netflix韓国キャストは?

キャスト

イ・ソジン

マ・テオ。メソッドエンター総括取締役。 知的なジェントルマンだが、己の欲望のためには手段を択ばない成果主義者の戦略家。他人の台本を盗むのが得意。

「イ・サン」の王様のイメージが強いのですが、現代でも、知的なジェントルマン役がめっちゃ似合います!

クァク・ソニョン

チョン・ジェイン。叩き上げ14年目のチームマネージャー。 討論型で衝動的な性格。熱い魂のワーカホリック。

「賢い医師生活」「ク・ギョンイ」とネットフリックスドラマに次々出演。芯の強い役が似合いますよね。

「賢い医師生活2」感想あらすじキャスト一部ネタバレ1~11話評価★5!Netflix韓国ドラマ 5人の医師仲間のヒューマンドラマ
ネットフリックス韓国ドラマ『賢い医師生活』。 シーズン1に続き、シーズン2がいよいよ配信開始! 私は群像劇が大好きなんですが、このドラマにもどーっぷりハマりました!! 主演はチョ・ジョンソク、ユ・ヨンソク、チョン・ギョンホ...
「調査官ク・ギョンイ」サンタの正体!ラストは?1~12話感想あらすじキャスト一部ネタバレ評価★5!! NETFLIX韓国ドラマ面白いおすすめ!
ネットフリックス配信映画、「調査官ク・ギョンイ」! めちゃめちゃ面白い!!毎回目が離せません!!! 「チャングムの誓い」「師仙堂、色の日記」のイ・ヨンエ主演のサスペンスコメディと聞けば、観ずにはいられない。 年齢を重ねても...

ソ・ヒョヌ

キム・ジュンドン。ジェインの親友。チーム長マネージャー。平和主義者で義理堅い。擁護型で涙もろい。

チュ・ヒョンヨン

ソ・ヒョンジュ。新入マネージャー。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」でグラミ演じてましたね。キュートでざっくばらんな姉御肌?な役がすごく似合ってました。

ウヨンウ弁護士は天才肌 あらすじ感想ネタバレキャスト評価★5 ラストは?シーズン2ある?Netflix韓国ヒューマン法廷ドラマ パク・ウンビン主演 
ネットフリックス今回は韓国ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』。 アスペルガー症候群の天才弁護士が、様々な困難と立ち向かいながら自分の道を歩んでいく、ハートフルなヒューマンドラマです。 法廷ドラマ大好きな私としては、観る前からイチ...

シム・ソヨン

チャン・ミョンエ。メソッド・エンター名誉理事。独特な化石のような人。

「グリーンマザーズクラブ」「還魂」に出演してましたね。特に「還魂」の巫女のチェはインパクトが大きかった。。

「グリーンマザーズクラブ」NETFLIX韓国あらすじ感想ネタバレキャスト評価★4 ラストは?ジナの犯人は?原因は?自殺?子どもをめぐる母親ヒューマンサスペンス
ネットフリックス韓国ドラマ、今回は『グリーンマザーズクラブ』。 競争激しい小学校に通う子どもを持つ母親たちの権謀術数渦巻く日常や友情が描かれるドラマ?になるのかな? 「スカイキャッスル」みたいなサスペンスになるのか、それともブラ...
還魂 あらすじ感想ネタバレ評価★4 結末は?続きは?シーズン2!?Netflix韓国イ・ジェウク&チョン・ソミン主演 ブヨンとは?
ネットフリックス今回は韓国ドラマ『還魂』。 時代劇ファンタジーで、ちょっとコメディ要素もあって、お勧め! それでは「還魂」あらすじ感想についてもご紹介、ご参考にどうぞ!

キム・グッキ

ユ・ウンス。メソッド・エンター事務総括マネージャー。

「sweethome」でポメラニアンおばさんを演じていましたね。「グリッチ」では継母を演じてたけど髪型で全く分からなかったです。今回は、ピンクフリフリの服で登場。

「スウィートホームSweet Home」シーズン2Netflix続編ラストは?ネタバレキャスト相関図!韓国ドラマ俺と世界の絶望評価★5!
ネットフリックスで配信されているオリジナル新作ドラマ、今回は韓国ドラマ「Sweet Home(スイートホーム)~俺と世界の絶望~」。 サスペンスホラーで、私ホラー嫌いなはずなんです。 ところが!! いやー、すごい!...

キム・テオ

チェ・ジニョク。メソッド・エンター広報担当マネージャー。

ファン・セオン

カン・ヒソン。メソッド・エンタースタッフ兼俳優。

ノ・サンヒョン

イ・サンウク。国税庁調査官。

チェ・ヨンギュ

チェ・ウォンジェ。メソッド・エンター現場マネージャー。

シン・ヒョンスン

コ・ウンギョル。あまり売れていない若手俳優。実はマ・テオの息子。

ウンギョル役シンヒョンスン「エージェントなお仕事」韓国俳優のプロフィール ドラマ&インスタ&兵役は?
私の大好きなドラマの一つ、それが「エージェントなお仕事」。 韓国芸能界のマネージャーにフォーカスしたコメディです。熟練俳優陣、今が旬な若手俳優が目白押しの面白いドラマ! その中でも、「え?これだれ?」と思ったのが、優しい笑顔でし...

チョン・ヘヨン

イ・ファンゥイ

ワン・テジャ。メソッド・エンター代表

キム・ウォネ

チョ・ギボン。スター・メディアの代表。

ムン・ヒギョン

カン・ギョンオク。ワン・デジャの妻。忘れられた7080歌手。



「エージェントなお仕事」Netflix韓国ドラマあらすじ

クセの強いスターの相手をしたり、ライバルを出し抜いたり。担当する芸能人のご機嫌を取りながら、その魅力を引き出すために奮闘する芸能事務所のエージェントたちの日常を描き出す。

第1話 カメオ出演:チョ・ヨジョン

担当する女優のヨジョンが遅刻するわ、次回作が年齢が原因で流れるわで、落ち込むキム・ジュンドン。そこに、ソ・ヒョンジュが釜山から「芸能人のマネージャーになりたい」と、マ・テオ理事に会いにやってくる。テオは追い返そうとするが、ヒョンジュはあきらめない。

ワン・テジャ代表とマネージャー会議が始まり、それぞれの進捗を報告する。ジュンドンがヨジョンの映画が流れたことを言い出して雰囲気が最悪になり、チョン・ジェインのきつい言葉でマネージャーの一人シニョンが衝動的に辞めてしまう。そこに居合わせたヒョンジュは、ジェインにマネージャー立候補し、3か月の使用期間雇われることに。

映画降板を知らないヨジョンが、ジュンドンに会いにやってくる。ジュンドンが逃げる中、ジニョクがてんやわんやで対応する。そこで事情を知らないヒョンジュが、「タランティーノが年齢を理由にヨジョンを切るなんて勿体ない」とヨジョンに言ってしまう。ショックを受け、街中を歩くヨジョンだったが、ジュンドンを見つけ「噓をついて騙すマネージャーは信じられない」と言い出す。

ジェインは、ヒョンジュを密かに呼んで、「マ・テオが入手したキム先生の台本を持ってきてほしい」と頼む。

ヨジョンに契約解除を言い出され「映画降板の理由をばらしたのは誰だ」と怒るジュンドン。

マ・テオは、タランティーノと繋がるエイミー代表をうまく説得し、再びヨジョンが主役になるよう取り計らう。エイミー代表は「20代の主人公を演じられるようにしろ」と言われて、悩むヨジョンに、マ・テオはボトックスやヒアルロン酸を暗に勧める。マ・テオがヨジョンとともに独立するという噂を聞いて、焦り怒るジュンドン。ヨジョンのもとに行ったジュンドンは、不安がるヨジョンとともに美容整形クリニックに向かう。しかし、ヨジョンは何もせず「年を取ったらありのままの顔で生きる」とジュンドンに宣言する。

ジェインからヨジョンの件で怒られ、会社を出ることになったヒョンジュ。信頼を得ようと、マ・テオのパソコンを探り、持っている台本を探る。見つけた愛本をもってジェインに許しを請うヒョンジュ。

会議中、突然、休暇に出かけていたワン・テジャ代表が亡くなったと連絡が入る。



ちょこっと感想

365日24時間マネージメントする俳優たちのために使い、私生活のない日々、なマネージャーというお仕事。どんな過酷な日々か、、、と思いますよね。

「メソッド・ブティック」華やかなものの集まった部屋、テンション上がります!ほんとにこんな部屋があるんでしょうね。

てんやわんや始まった初回ですが、ジュンドンとヨジョンの信頼関係、友情が見えました。ずっと一緒にいると、仕事上の関係だけでなく、情がわくんだろうな、この女優を何とかしてあげたいという情がわくんだろうな、と思った回でした。野心家のマ・テオ、独立しようと思った矢先に、まさかの代表死亡?!権力争いが起こるんでしょうか?

展開が楽しみー!

あとどうでもいいですが、ジュンドンのヘルメット、タケコプターみたいで可愛かった♡



第2話 カメオ出演:チン・ソンギュ イ・ヒジュン

ワン・テジャ代表の死にショックを受けて「映画を降板したい」と言い出したイ・ヒジュン。マネージャーのジェインはそれそれを聞いてブチ切れてしまう。

ワン・テジャ代表が管理していた俳優たちを、マネージャーたちに振り分けるマ・テオ。マ・テオは、会社を辞めず残ることに。

ヒジュンの扱いに悩むジェインは、ヒョンジュにヒジュン宛のプレゼント選定を頼む。が、ヒョンジュはヒジュンの黒歴史のマフラーを選んでしまうという失態を冒してしまう。挽回しようと必死に働くヒョンジュは、俳優のコ・ウンギョルと出会う。

ジュンドンは、ヒジュンの代わりにソンギュを代役にしようと画策し、撮影陣は、連絡が取れないヒジュンに業を煮やし、別の代役を立てると言い出す。それを聞いたジェインは反発する。

カン・ギョンオク(ワン・デジャの妻)に呼ばれた、マ・テオらメソッドメンバー。「会社を売りたい」と言い出したギョンオクに、マ・テオは咄嗟に「我々が会社の株を買う」と言ってしまう。大企業に買収され潰されることを危惧するマ・テオだったが、ジェインはマテオが代表になりたいだけでは?と危惧する。

ミョンエから、ワン・テジャ代表とヒジュン、ソンギュの因縁を聞いたジェイン。二人は昔から複雑なライバル関係にあった。その関係を利用し、ヒジュンをやる気にさせ一安心と思った矢先、ソンギュもその役を快諾してしまう。

コ・ウンギョルと再会したヒョンジュは、意気投合し、妙な雰囲気になる。

ワン・テジャ代表の葬儀で鉢合わせしてしまった、ヒジュンとソンギュ。役をめぐり、言い争いになり、大混乱になるも、何とか仲直りする。それを見たジェインとジュンドンは、「新しい映画のテーマを男女の恋愛ではなく、ヒジュンとソンギュの恋愛ストーリーではどうか」と制作陣に働きかけ、受け入れられる。

マ・テオの妻ソン・ウナが息子を連れて、事務所にやってくる。その息子とは、コ・ウンギョルだった。ショックを受けたヒョンジュは、ウンギョルを拒絶する。マ・テオは「家族に関わったら容赦しない」とヒョンジュを脅す。ヒョンジュは「私は家族じゃないの」と涙をこぼす。



ちょこっと感想

俳優のライバル関係、仕事の取り合いの回でした。まさかのブロマンス、、、というか熟年男性同士の恋愛映画になるという、オチ。まあ、「昨日何食べた?」や「おっさんずラブ」、タイのBLドラマ、面白いので、ありっていえばあり???美しい映画になりますように。。。。

ヒョンジュ、まさかの隠し子?コ・ウンギョル、マ・テオの息子?ってことは、、、

ヒョンジュとコ・ウンギョル、あと少しでキスしそうになって、よい雰囲気ー♡

って思ったら、まさかの異母兄妹?!

マ・テオ、ヒョンジュに冷たすぎやしませんか?こんなに冷たくされても、マ・テオの会社に固執するヒョンジュの目的は何なのでしょう?

シン・ヒョンスン、コ・ウンギョル役が可愛すぎる件

ウンギョル、可愛すぎませんか??このドラマの俳優陣、比較的落ち着いた配役なので、ますますかわいらしさが際立つ✨。これから注目かも!!



第3話

新しい大型ドラマ「うちの息子の女」で共演することになった、ヒョリムと義母キム・スミ。実は、マ・テオが密かに裏で仕組んでいたのだった。

ヒソンは、メソッド所属と噓を書いた履歴書が書類審査に通ってしまう。虚偽の書類だとジュンドンに攻められるヒソン。

ヒョンジュは、マ・テオがから映画「ザ・スパイ」試写会VIP席のチケットを密かに渡される。その様子を見ていたウンスは二人の仲を勘繰り詰問し、ヒョンジュは苦し紛れに「マテオの友人、映画の主役ソ・ジソプが父親だ」と言ってしまう。

事務所に特別税務調査が入り、イケメン調査官イ・サンウクがやってくる。実は代表が金を私的に流用していたことがわかる。誰が密告していたのか疑心暗鬼になる社員たち。ジェインは色仕掛けで様子を探る。

ヒョリムは、「口うるさい義母キム・スミと半年も共演できない」とジュンドンに言い出す。ヒョリムは、作家に嫌われて断らせようと過剰な要求をする。義母のキム・スミもボケて幻覚が見えるふりをする。ヒョリムと義母キムは心の中でお互い共演を嫌がっていた。マ・テオは、「会社のために二人は共演させないといけない」とジュンドンを説得する。

実は、調査官イ・サンウクは、ジェインがマッチングアプリで「空気が読めない男」と断った男だった。

作家は、ヒョリムとキムに「共演してほしい」と頼む。お互いの気持ちを吐露しあい、信頼を高め合うヒョリム達。が、作家を怒らせ、裏で動いたマ・テオは、信頼を失う。

試写会に行ったヒョンジュは、偶然ウンギョンに会ってしまう。マ・テオは、転職先としてプレイエンターのペクガンホ室長を連れてくる。ペクガンホからセクハラをされたヒョンジュは怒ってジュースを投げつけてしまう。

ヒソンから小劇場の舞台のチケットをもらったジュンドンは、初めてヒソンの演技を見て感激し涙を流す。そして、同じ舞台を見ていたキム・スミから「死ぬ前に、熱く愛し合う役、記憶に残る恋愛作品をやりたい」と言われる。ジュンドンは、ヒソンにエージェント契約を申し出る。

マ・テオは、スター・メディアの代表チョ・ギボンから呼び出され、「メソッドエンターの俳優を連れて移籍しないか」と誘われる。



ちょこっと感想

マ・テオが裏工作をする回でしたねー。女優の配役から、ヒョンジュの転職など、なんだかうまくいかなかったけど。

マ・テオはヒョンジュが新しい会社でセクハラされることを知ってて紹介したのか?だとしたら、相当なクズなんですけど(怒り)。そこまで割るじゃないと思いたいです。でも息子のウンギョンがなにか気が付いてしまった予感。。

マ・テオは、移籍するんでしょうか??

ジェインとイケメン調査官、今後恋が展開しそうですよねー♡楽しみ♡



第4話

アメリカで活躍し、出産後、再び活動を始めたスヒョンのために、いいベビーシッターを雇おうとするが、なかなか条件に合う人がいない。

ヒソンのプロフィール写真をべた褒めするジュンドンに、マテオはにべもない。ジュンドンは、ヒソンの営業活動を始めるが、うまくいかない。

調査官イ・サンウクのSNSの逞しい肉体が気になり、彼にアプローチし始めるジェイン。しかし、サンウクと同姓同名の人だと勘違いしていたことがわかる。

 

ワン・デジャの妻カン・ギョンオクから、「中国のエージェント会社がメソッドエンターを買収する話がある。税務調査を無事に終わらせるように」と聞かされたマ・テオ。チョ・ギボンからの移籍の話と迷うマ・テオ。メソッドの税務調査や買収の噂が業界に広まり始める。

税務調査の確認でジェインの家を訪れたサンウク。そこに元カレが現れ、ジェインを罵倒しごみを散らかしてしまう。

マ・テオの営業活動で初めてアクション映画「アマゾネス」の主演を務めることになったスヒョン。ベビーシッターが見つからず、赤ちゃんを連れて打ち合わせにやってくる。振り回されるマ・テオたち。

マ・テオが俳優を連れてチョ・ギボンの会社スター・メディアに移籍することを、ウンスが知ってしまう。そして、ほかの社員にも知れ渡ってしまう。

ジェインの命令で、撮影の小道具を取りにマ・テオの家に行くことになったヒョンジュ。ウンギョンとマ・テオの妻ソン・ウナに引き留められる。

マ・テオとともに重要な打ち合わせに出るはずだったスヒョンだったが、子どもの世話が原因で打ち合わせをドタキャンする。マ・テオから「子供を言い訳にしている」と言われ悔し涙を流すスヒョン。

家に帰ったマ・テオは、ヒョンジュがいることに驚く。「ウンギョルに近づくな」とヒョンジュに怒るマ・テオ。

出社したマ・テオは、社員たちから「スター・メディアに移るのか?国税庁に告発したのか?」と責められる。マ・テオは「会社の売却を防ぐために告発した。代表は2年間会社の金で私的にホテルのスイートルームを借りていた」と認める。ジュンドンとジェインは、そのホテルの支配人と話をつけようとするが、運悪くそこにサンウクがやってくる。誤魔化すためにジュンドンはジェインと付き合っているふりをし、慌てるジェイン。

スヒョンは、赤ちゃん連れでいると悪露を不良たちに絡まれ、叩きのめす。そのシーンがSNSで流れ、スヒョンは警察に連行される。「アマゾネス」側から「暴行疑惑のある俳優は使えない」と連絡が入る。が、実は、スヒョンの行為は寸止めで、殴ってないことがわかり、SNSがバズり、スヒョンは大人気に。

ヒソンにオーディション依頼があり、ヒソンは大喜び。

ジェインは、サンウクに「制作会社の人と会うために部屋を取った」と言い訳をするが「そのために同僚と過ごしたのか」と聞かれる。自分がふしだらだと思われたくないジェインは、「代表が部屋を取っていた。会社を守るために噓をついた」と正直に話し、ジェインとサンウクは激しくキスをする。

サンウクの作業部屋に入ったジェインは、偶然売り上げの書類などを見てしまう。売り上げの大半は、マ・テオが稼いでいた。マ・テオが移籍するという噂を聞いて、会社の株価も暴落し、中国の会社が買収を撤回する。ジョンドンたち社員は、「会社のために全てマ・テオが仕組んでいたのか」とマ・テオを囲んで褒めたたえる。しかし、ジェインは、代表が横領していた金額の資料をマテオたちに見せ、メソッドが倒産の危機にあることを知らせる。



ちょこっと感想

マ・テオが本当に移籍しようと思ったのか?どうだったのか?

たまたまうまくいった感じですけど、、ねー。

スヒョンのアクション、本当にすごい!かっこいい!SNSで大反響はよかったですけど、赤ちゃん連れでこんな事態、怖いですよね。。これも仕組んだっぽい?仕事と育児、難しい問題。今回はうまく事が運んでよかった!

ジェインとサンウク♡。これからも注目!

メソッド、倒産の危機!次回どうなっちゃうんでしょうか。。



第5話 カメオ出演:オ・ナラ、パク・ホサン

イ・サンウクと結ばれたジェイン。そこに、ジュンドンから「ナラとホサン、俳優同士がもめている」と連絡が入る。ホサンの愚痴を聞くジェイン、ナラの愚痴を聞くジュンドン。

監督は、「キスシーンが取れなかったら、この映画を降りる」と言い始め、焦るジュンドンとジェインは、ナラとホサンの機嫌を取って何とか気分を盛り上げようとする。

ヨンタク・ジュ・ハミンの猿芝居に激怒して降板させるというカン・スギョン作家のご機嫌をとるマ・テオ。マテオの窶れぶりが気になるスタッフたち。

マ・テオから誕生日を忘れられて意気消沈するヒョンジュ。そんなヒョンジュを、スタッフたちが慰める。

撮影現場のホテルにサプライズで登場したイ・サンウクにいら立つジェイン。が、サンウクが風呂場で転倒してしまい、ジェインは介抱する。「忙しい時間のやりくりをしよう」と提案するサンウクに癒されるジェイン。甘い雰囲気になった二人、そこにジュンドンから食事の誘いがあり、中断されてしまう。

マ・テオは、妻ソン・ウナから「メソッドを買う金を父親が出してくれる」と提案される。

ジュンドンはホテルから「一人追加料金」を請求され、ジェインの部屋にサンウクが宿泊したことを知り、ジェインを詰り喧嘩になる。

ヒョンジュは、「ヨンタク降板反対」の掲示板を作る。マ・テオは、「素人ながらちゃんとできている」と褒める。嬉しそうなヒョンジュ。

ドラマに出ることになったヒソンだったが、出演シーンが削られ、路上生活者の役だけになったことに涙する。

ナラとホサンのキスシーン撮影が始まった。いがみ合う二人だったが、ナラの苦手なクモが出てきたおかげで、図らずも情熱的なラブシーンが撮影できて大成功となる。その後の撮影もノリノリになる二人。

ジェインとサンウクがうまくいっていると聞いて、少し寂しそうなジュンドン。

義父の援助で、会社が救われることになったマ・テオ。「会社を守る方法」として「妻ソン・ウナが財務パートナーになる」とスタッフに発表する。もやもやするジェイン達。

ヨンタクが「降板反対サイト」に使われた社員が気に入らないと、事務所に怒鳴り込んでくる。マ・テオは、責められるヒョンジュを庇い、ヨンタクを追い出す。マ・テオは、「今年は毎日顔を合わせているから、うっかり忘れていた」とヒョンジュに謝り、誕生日プレゼントに欲しいものはないかと尋ねる。ヒョンジュは、「二人で飲みたい」と事務所でお酒を飲みかわす。そこに、マ・テオの妻ソン・ウナとウンギョルがやってくる。マ・テオはこの日、家族で観劇をする約束をしていたのだった。妻とウンギョルは、「マ・テオとヒョンジュが浮気しているのではないか」と疑う。

 



ちょこっと感想

「マイ・ディア・ミスター」で共演していたナラとホサンのトラブル回。

撮影現場の修羅場、スタッフも大変ですねー。お互いにネットフリックス出演ドラマを言い合うシーンが「あ、このドラマ、観た観た!!」と懐かしく、また見たくなりました。

後半、仲良くなったナラとホサンが情熱的にダンスするシーン、美しくてかっこよくて圧倒されました!!!♡

ホサン、情けない役を演じることが多い気がしますが、実はイケメン♡すごく整ったお顔ですよね。イケオジ、素敵ー✨。

そして、マ・テオとヒョンジュの危機!!家族にばれてしまうの?どうなるんでしょうか?



第6話

プールのシーンをめぐり、キム・ホヨン監督と対立するベテラン俳優キム・スロ。

ヒョンジュの家に、突然マ・テオの妻ソン・ウナがやってきて、いきさつや誕生日を聞く。ウンギョル妊娠中にマ・テオが浮気をしていたことを知ったウナは、激怒して家からマ・テオを追い出す。大荷物をもって事務所に寝泊まりするマ・テオを怪しむスタッフたち。マ・テオの様子を見たヒョンジュは、転職を考える。

キム・スロは、ジェインに「水恐怖症でプールに入れないが秘密にしてくれ」と告白する。そんな中、キム・スロとキム監督は演出をめぐり諍いになる。

ヒソンにチャン・シネ監督オーディションの話が来る。ヒップホップダンサーの役だと知って絶句するヒソン。ヒソンはダンス初心者の運動音痴だった。案の定オーディションで失敗し、逆切れしてしまう。「俳優の得意分野も知らずに売りこむマネージャーはいらない」とジュンドンに言い放つヒソン。

ウンギョルと密会するヒョンジュ。ウンギョルは「お互い兄妹だ。事実を受け入れるのは時間がかかる」と優しく話しかける。

水恐怖症を克服しようと努力しているキム・スロと話をしたジェインは、キム監督を懐柔しにかかり、二人を密かに会わせようとする。

サンウクと付き合うジェインだったが、忙しい自分に干渉するサンウクがだんだん疎ましくなってくる。愚痴をこぼすジェインに「税務調査中は別れるな」とアドバイスするジュンドン。

マ・テオは妻のソン・ウナに謝りに行く。が、事務所のためだと心を見透かされ、かえってウナは態度を硬化してしまう。

ヒョンジュは、マ・テオを心配して食事に誘う。健気な様子に心打たれたマ・テオは、転職せずにこのままメソッドで働くよう話す。

サンウクとの約束を遅刻してまで、キム監督のパーティにキムスロを連れていき、仲を修復させようとするジェイン。ついにキムスロが水恐怖症だとバラしてしまう。「子どものころの経験がもとで、水に死の恐怖を感じる」と話すキムスロに理解を示すキム監督。「コンプレックスやトラウマを忘れろ」と周囲に言い続けてきたキム・スロは、水を克服する姿を見せる。

キムたちとプールではしゃぐジェイン。そこにサンウクがやってきて、「これが仕事か?君は変わらない」と別れを告げる。

ジュンドンの家に謝りに行くヒソン。そこに、大泣きしながらジェインが現れる。

「この映画の主役ドン・ジュアンが一夫一妻制を拒み、女をとっかえひっかえしたのは、怖かったからだ。一人を本気で愛すると自分を見失いそうで怖くなる。捨てられるんじゃないかと怖くなる」と映画の解説を聞いたジェインは、自身に重ね合わせてショックを受ける。

メソッドの税務調査が終わった。10年間の横領などによりかなりの追徴金が課せられることになる。そしてマ・テオの義父による株式の買い取りも延期されてしまうことが発表されてショックを受けるスタッフたち。

ジェインは「恋愛と仕事を両立できる方法を教えて」とサンウクを追いかけ、スタッフの前でキスをする。驚くスタッフたち。気落ちするジュンドンを見つめるヒソン。が、ジェインはサンウクに振られてしまう。

今後を悲観して酔っぱらう、マテオはじめスタッフたち。ジェインは、一人バーでサンウクに既読にならないラインを送り続けていた。

酔っぱらって事務所に戻ったジェインは、部屋に男性がいるのを見つける。



ちょこっと感想

俳優、スタッフ、ともにトラウマ克服する回でしたねー。

「この映画の主役ドン・ジュアンが一夫一妻制を拒み、女をとっかえひっかえしたのは、怖かったからだ。一人を本気で愛すると自分を見失いそうで怖くなる。捨てられるんじゃないかと怖くなる」って、「なるほど!わかるー」と思った人もいたのでは?

ジェインの心の中のトラウマ、何がきっかけだったんでしょうね。。最後に出てきた男性は、サンウクだったのかどうか。マ・テオかな?と思わないでもないですが、、、どうなんでしょうか?(そもそも勝手に事務所は言ったらだめでしょ)

ジュンドンは、ジェインのことがやっぱり好きなんですね、それを見つめるヒソン。恋の三角関係?四角関係でしょうか?(サンウクは離脱したのかな?)

マテオが追い詰められてきました。20年前の過ち、不倫だけど、ちゃんと責任取って世話をしてきたのは、男として偉いというべきなのか。妻にとっては数十年にわたる裏切りですけれどもね。妊娠中に浮気しちゃいけないですよね。。。

会社もどうなるんでしょうね。がんばれ、マ・テオ!!とみんな!!



第7話

 



ちょこっと感想



第8話

 



ちょこっと感想



「エージェントなお仕事」韓国Netflixドラマ見どころは?一部ネタバレ注意!

「エージェントなお仕事」 どんなドラマ?

Netflix韓国「エージェントなお仕事」。

韓国芸能事務所のエージェントたちの奮闘が描かれたコメディです。

フランスの国民的人気ドラマ「エージェント物語」を元に作られたそう。それは面白そう!

一般庶民からしたら、「あのかっこいい俳優やきれいな女優さんと仕事で消えるなんてー!」と憧れしかないお仕事ですが、きっときっとものすごく大変なのでしょうね。わがままな俳優さんがいたり、時間にルーズだったりドタキャンだったり、売り込みも大変そう。

そんなドタバタだけど縁の下な力持ちなエージェントにフォーカスしたドラマ。もちろん脚色もあるだろうけど、興味があります。

楽しみです。



 

「エージェントなお仕事」ネットフリックスでこれから見逃しなし!配信はいつから?

 

「エージェントなお仕事」いかがでしたか?

11月8日配信が待ち遠しいです!

→追記しました!

Netflixで是非お見逃しなく!私としては★5です!口うるさい

タイトルとURLをコピーしました