スポンサーリンク

「ヒヤマケンタロウの妊娠」あらすじ感想キャスト評価★5 ネタバレあり 斎藤工、Netflix実写化 配信は?

コメディ!
スポンサーリンク

ネットフリックス配信ドラマ、今回は『ヒヤマケンタロウの妊娠』。

男性が妊娠・出産するようになった世界、まさかの妊娠をしてしまったエリートサラリーマン役を斉藤工さんが演じる、社会派コメディ!!

NETFLIXオリジナル全世界配信!!もう期待しかないですねー!一話25分と、観やすいのも嬉しい!

それでは、「ヒヤマケンタロウの妊娠」あらすじ感想についてもご紹介、ご参考にどうぞ!



スポンサーリンク

「ヒヤマケンタロウの妊娠」Netflixドラマ実写キャストは?

キャスト

☆追記予定です

斎藤工

桧山健太郎。エリートサラリーマン。37歳。

上野樹里

瀬戸亜希。フリーライター。35歳。

筒井真理子

桧山智子。健太郎の母。タクシー運転手。シングルマザー。

岩松了

大杉。広告会社上司。

高橋和也

中島医師。男性妊娠担当医。

宇野祥平

宮地。妊夫仲間。

山田真歩

宮地の妻、紀子。

リリー・フランキー

栄一。健太郎の父。



「ヒヤマケンタロウの妊娠」Netflixドラマあらすじ内容

仕事もプライベートも順風満帆な毎日を送っていたエリート広告マンが、まさかの妊娠。今まで見過ごしてきた社会に潜む不公平や偏見を目の当たりにしてゆく。

第一話

世界各国で,男性妊夫が現れ始めた世界。

常に予測と準備を怠らず、たくさんの女性と付き合い、人生を順風満帆に乗り切ってきたイケメンエリート広告マンの桧山健太郎。久しぶりにフリーライターの瀬戸亜希に家に行った桧山はじゃれ合う。「男性も女性も子育てしながら、バリバリ仕事はできない」ということで意見が一致する。

「自分らしく生きること、そこに境界線はない」とプレゼンする桧山は、クリエイターオブザイヤーに選ばれる。お祝いの席で、誕生日も祝われた桧山は、幼いころ、タクシー運転手をして稼いでくれた多忙なシングルマザー桧山智子と過ごした寂しい誕生日を思い出す。

そんな時、桧山は、吐き気を催し、病院に行く。一通りの検査をした桧山だったが、異常がなく、別の科の中島医師の診察を受ける。そこで、自分が妊娠していることを告げられ、驚愕する桧山。大きな契約、ユニーヴの担当となっている桧山は、仕事を抜けられないと思い焦る。



第2話

ユニーヴの広告で多様性について打ち合わせる桧山チーム。その最中、赤ちゃんの画像を射ていた桧山は、催乳反応が出て乳が漏れ出てしまう。

パーティに行った亜希は、以前「子供はいらない」と言っていた編集長のエリが子供を持ちながらもバリバリ働いている姿を見る。

桧山は、中絶しようとするが、同意書を書くにあたって、いったい相手が誰だったのかを思い出す。それは亜希だった。そのころ亜紀は、子宮筋腫による生理痛が酷くなり、病院にかかっていた。桧山は、亜希に連絡するが、忙しいと断られる。

つわりに悩まされ、体毛が濃くなり、乳首も黒くなってきた桧山。仕事に身が入らない桧山は、上司の大杉に心配される。

桧山は、亜希の家に押し掛け、妊娠したことを告げ、中絶同意書に署名してほしいと頼む。が、その場でつわりで倒れてしまう。

結婚願望のない亜希は、エリに「大変な妊娠出産を男がしてくれるなんて有難い。妊娠はマジ奇跡」と言われる。桧山は、2キロ痩せてしまい、甘いものしか受け付けない体に。亜希は、「広告業界で、男性妊夫は恵まれているのでは。新しい仕事ができるのでは」と話す。そんな亜希の態度に「妊娠も同意書も堕胎もこっち任せ」と怒る桧山。そんな時、リスケを忘れ、会議をすっぽかしてしまった桧山は、後輩の田辺に担当を奪われてしまう。



ちょこっと感想

こんなに早くから催乳反応?とびっくりしましたが、そういう人もいるのかな。働きながらそれはちょっと大変ですよね。だんだんと、妊夫の苦労をし始めた桧山。

「そうそう!」「大変なんだよね」と共感しながら観る人も出てきてるかな?と思います。

男女逆転、本音が反対なのが面白いですね。



第3話

日に日に髭が濃くなり、催乳を恐れ乳パッドを入れて出社する桧山。後輩の田辺に細かい事務仕事を指示される立場に。桧山は、中絶手術のため、1週間の有休を申し出、亜希にも手術の予定を知らせる。

自分の企画が通らず落ち込む亜希。一方、病院に行った桧山も、12週を過ぎた堕胎は死産扱いで埋葬許可が必要と言われ戸惑う。そして、同じ妊夫仲間の宮地に会う。最初はショックで堕胎するつもりだったが、今は産むつもりだという宮地。

ユニーヴのプレゼンで、リブランディングの意味がないと言われてしまった田辺。意見を求められた桧山は、男性妊夫であることをカミングアウトし、「社会的マイノリティーの立場でモデルを」と進言し絶賛される。桧山は、亜希に出産を決意したことを打ち明け「一人で産む」と話すが、亜希は「自分も手伝う」と答える。

桧山は、母智子に妊娠を報告するが、妊娠出産の大変さを知っている母は反対する。

そんな中、桧山をモデルとして広告がスタートする。



ちょこっと感想

そうか、男性が妊娠すると、髭が濃くなるのか、、、と納得しちゃいました。確かに、ちょこっと妊娠中体毛が濃くなった?かな?

でもそれより、つわりの辛さを体現してくれた桧山に、ぐったりして何もできない姿を体現してくれた桧山に、女性たちは「もっと言ってやって!!」と共感したのではないでしょうか。

ただ、妊夫さんたち、若い男性はいなかったのかしら?

やっぱり結婚高齢化の波を、これで表現しているのかな。。



第4話

ユニーヴの広告がスタートするやいなや、バズりはじめた桧山。納得して始めた仕事だったが、同僚や今までの女友達との関係に悩み始める。そして、桧山は、宮地と話す中、これからいろいろなことに直面する男性妊夫も参加できるオンラインサロン立ち上げを思いつく。

亜希は、同期の高木から、男性妊夫のパートナーとしてのエッセイを書いたらどうか、と進言される。

智子は、本名で素顔をさらしている桧山のことを心配する。桧山は、智子に自分の父親の事を尋ねるが、智子ははっきりと答えない。

桧山の無料オンラインサロンが、立ち上げたばかりで1万人を突破した。桧山は体重、食事、運動に気を付けた生活をするようになる。桧山は、サロンのオフ会を開き、直接男性妊夫が話し合える場所を作る。そこで、いろいろな人に出会い、保育園の話など情報交換を始める桧山達。その日初めて胎動を感じ、感動する桧山。

桧山は、シングルで育てるか、結婚するか、亜希と相談する。そんな時、紀子から連絡があり「、サイトメガロウイルスにかかってしまった宮地の子宮収縮が始まって、子どもが亡くなった」と話す。紀子は、今まで、「男性妊夫が理由で子供がいじめられていたこともあり、ほっとしている自分もいる」と泣きながら気持ちを吐露する。それをきっかけに家族というものについての考え方の相違を感じ始めた桧山と亜希。



ちょこっと感想

元々エリートサラリーマンだから、ブランディング、企画、組織化はお手の物の桧山。

オンラインサロン、待ち望んでいた男性は多いでしょうね。妊娠出産は、孤独になったり、不安になったり、ホルモンバランスが崩れて、感情が揺れ動いたりするもの。

そんな時に、傍にいて励ましてくれる存在はありがたいと思います。経験者の話も聞きたいし。これは日本だけじゃなくて世界的にも必要なサロンでは?

子どもを持つ、結婚はどうするのか?は大事な話ですよね。。



第5話

父親と仲の悪い亜希は、遅れて妹の結婚式に出席する。親はじめ親戚から結婚や年齢を噂されうんざりする亜希。

腹痛を感じた桧山は、病院を受診し、早産の傾向があることを指摘される。

桧山の会社では、桧山を中心とした企画が次々を打ち出される。それが子供が三歳までの長期の企画と聞かされ、聞いていなかった桧山は動揺し憤り、辞表を提出する。慌てた会社は、社長じきじきに説得し、感情がコントロールできなくなり泣き出してしまう桧山。泣く桧山を抱きしめる重役たち。

同窓会に出席した亜亜希、同級生たちの男性妊娠への心無い言葉に傷つく。帰宅した亜希は、父母に「東京に彼氏がいること。子供ができたこと。男性妊娠であること。相手が桧山健太郎であること」を打ち明ける。

亜希は桧山に電話して、「自分も一緒に子育てすること。偏見はなくならないけど、自分たちなりの関係で、健太郎とだったら新しい形を築ける」と話す。桧山は、ずっと不安だったことを打ち明け、亜希の言葉で救われたと感謝する。そして、亜希に「結婚しよう」というが、亜希は「結婚は別」とにべもなく断る。



ちょこっと感想

自分や自分の子どもが、かってに広告塔になるかもしれないと泣きだしてしまう、桧山役の斎藤工さんが滅茶可愛い!!おとめー!!しくしく泣く姿、それをみんなで抱きしめて慰める姿、なんだか微笑ましくて。

こんな風に精神不安定になるの、みんな知ってほしい。。ホルモンバランス、ほんとに崩れて、訳も分からず泣きたくなるときとかあるんですよね。

亜希、上野樹里ちゃん、がどんどんさっぱり、男らしく?見えてきちゃった回でした。樹里ちゃんは、ホルモンバランス崩れてないから、通常運転なんですよね。男女逆転、そんなところも見えてきます。



第6話

いきなり桧山の前に初老の男栄一が現れ、「父だ。母でもあるけどな」と名乗り、家に上がり込む。そこにやってきた智子は「生まれたばかりの健太郎と自分を捨てた」と殴り掛かる。「ずっとお前に会いたかった」としれっという栄一に戸惑う桧山。昔の屈辱的な妊娠時代の話をし、桧山を労い、「一緒に事業を始めて住もう」という栄一。

桧山が不在の間、亜希ともめる栄一。智子は、「一つのことを成し遂げず逃げ出してばかりの栄一の性格を考え、一緒に事業を始めない方がいい」と桧山に伝える。栄一は、いつの間にかオンラインサロンのメンバーと連絡を取り合い、事業を勧めようとしていた。

一方、亜希は、高木から、2年間シンガポールでの仕事のオファーを受ける。それを聞いた桧山は、子供の世話をしなくてはならないことを伝え、断るように話すが、亜希はあいまいに濁す。

そんな時、栄一の詐欺疑惑が持ち上がる。桧山を広告塔に、オンラインメンバーから一口30万円を巻き上げていた栄一。



ちょこっと感想

桧山のパパ、栄一のくずっぷりが、リリーフランキーさん、お似合い!リリーさん、役によって、ほんとにダメ親父が似合うんだけど、イケメンの役も似合うんですよね。

でもこれは、どうにもこうにも。。。桧山のイケメンは、やっぱり智子ママに似たのかな?

亜希のシンガポール話、男性なら普通にある転勤と同じですよね。

単身赴任か、付いて行くか、キャリアはどうするのか、育児はどうするのか。

共働き夫婦が直面するハードル。ささっと描かれていたけど、実際、葛藤はものすごくあるし、争いまくる事案です。



第7話

栄一の詐欺が原因で、マスコミに追われる桧山。心配した宮地から、「男から生まれてもこうして活躍する子供が生まれるのだ」と励まされる。同じ立場になった智子と亜希は、「大変なのは妊夫だけじゃない。母親だけが人生じゃない」と愚痴を言い合う。

桧山は、智子から栄一の行動パターンを聞いて、栄一を探しに行く。栄一は、「昔誹謗中傷された経験から逃げる癖がついてしまった」と謝って、桧山に金を返し、「お前はお前らしく生きろ」と話す。

亜希は、桧山に「シンガポールの誘いを受ける。養育費は払うし一緒に育てる覚悟はある」「通常の母親の役割は果たせない。自分らしい生き方をしたい」と話す。

桧山は、父が起こしてしまった事件の釈明記者会見を開くことに。その日は、亜希のシンガポール出発の日だった。記者から次々に質問された桧山は、「らしさ、とは何か。自分がそうなったときにどう対処するのかが人生の醍醐味。人生には思いがけないことが起きる。それぞれのハードルを乗り越え、自分らしく生きること」と話した後、倒れてしまう。



ちょこっと感想

智子、亜希が、男性目線で話し合うのが、うんうん、って思いました。二人ともバリバリ働いていて、かっこいいですよね。

亜希の自分らしく生きたいという言葉。桧山も同じ思いでいるのが、よかったなと思います。

でも、桧山、第一話では、あんなに女たらしだったのに、いつの間にか普通にいい人になっている。。性欲の塊だったのに(ひどい言い方笑)、大丈夫なんだろうか。。子供泣かせないでくださいねー。



第8話

病院に救急搬送され、緊急手術となった桧山。病院に、智子、栄一も駆けつける。空港で生中継を見ていた亜希も、病院にやって来る。桧山は無事に出産し、父子ともに健康だった。生まれた赤ん坊を抱きしめる桧山。栄一は、桧山、亜希、赤ちゃん3人の写真を撮る。

赤ちゃんは、桧山幸と名付けられ、親子3人での生活が始まった。亜希のシンガポール行きは数か月延期になっていた。

桧山の出産により、世間もだんだん肯定的になり、オンラインサロンの会員数も増え始め、お互い助け合っていくようになっていた。多忙な中、家事が滞っていたが、桧山は亜紀に、幸を智子に預け食事に行こうと誘う。亜希は「シンガポールを断ろうかと思う」と話すが、桧山は「俺たちは誰も犠牲にならない」と話し、亜希の背中を押す。

桧山は、広告会社から再び広告塔にならないかと言われる。桧山は育休、時短勤務など自分の要求を徐々に通しながら、オンラインサロンの会社化を考える。

「人生は思いがけないことの連続。困難だけど愉快で豊か、人の価値観を変えてくれるもの」と桧山とシンガポール単身赴任の亜希。町は、男性妊夫にも少しずつ優しい社会になっていた。



ちょこっと感想

桧山が言ってたけど、確かに、妊娠出産を経て、世界が広がり価値観も変わって広がる。バリバリキャリアで働くのは困難な時もあって、キャリア中断もあるかもしれない。でもその育児を通じて得た

経験とか、新たな発見、その時間を使って得たものは、また違う仕事やステップアップにつながる、ってことは、うんうん、って頷いちゃいます。私もそうだったから。

そうやって人生を続いていくんですよね。

思っていた未来とは違うかもしれないけど、また新たな扉は開く。

その時その時の自分らしく生きる姿勢は大事だな、と思います。そうやって優しい世界になっていけばいいですよね。



「ヒヤマケンタロウの妊娠」Netflixドラマ見どころは?一部ネタバレ。おすすめ!

 

「ヒヤマケンタロウの妊娠」 斎藤工&上野樹里主演 漫画原作NETFLIXオリジナルドラマ

「ヒヤマケンタロウの妊娠」は、坂井恵理さん原作マンガ『ヒヤマケンタロウの妊娠』(講談社)をもとに製作された、ネットフリックスオリジナルドラマ、全世界配信作品です!

「もし男性が妊娠したら?」という奇想天外なテーマが軸のコメディですが、「妊娠生活」「社会的困難」「差別」「自分らしさ」「多様性」といったことを考えるきっかけになりそうな、男女のあたりまえを問い直す、社会派ヒューマンドラマでもありそうです。

妊活、マタハラ、など女性が直面してきた様々な悩みや問題を、男性が妊娠して逆転して受けることになるっていうのは、すごい視点ですよね。

確かに、妊娠、出産は、したものしかわからない。あの重さ、寝るときの体重移動、様々な体調変化。そして、何時間にも及ぶ出産の痛み。そして産んでからの、産褥期、ホルモンバランスの乱れによる抑鬱。大変でした。あれを男性がやってくれるんですね。もちろん、出産したら、その痛みは忘れちゃって、子どもはひたすらかわいいんですけれども❤。

 

この妊娠出産という大事業に挑むのは、斎藤工さん❤。イケメン、フェロモン半端ない斉藤さんが妊夫役。バリバリ仕事をしてきたできる男、桧山健太郎役です。

健太郎の妻、瀬戸亜紀を演じるのは、上野樹里さん。フリーライターとして実績を重ねるキャリアウーマン役です。

思いがけず妊娠してしまった桧山健太郎の、悩み、右往左往しながらも、周りの助けを借りながら社会的に成長していく姿、必見です!!

いろいろなことに悩んでいる現代の人たちに、勇気を与えてくれるドラマですよね。妊娠出産っていいよね、みんなで助け合おう!と思える、温かいドラマにもなりそう。たくさん笑って、泣いて、共感して、「もし自分だったら?」と想像しながら観てみたいなと思います!



「ヒヤマケンタロウの妊娠」ドラマネットフリックス配信はいつ?何時?

Netflix配信は、2022年4月21日配信予定です。

時間はわからないですが、朝かもしれないし、夕方かもしれないし。。。

→昼間配信でした!!

 

またもや一気見してしまいそう。。

待ち遠しいですね!!

→一気見しちゃいました!1話25分くらいって、観やすくてよい。でもちょっと端折りすぎ?もう少し、じっくり見たいな―とも思いました。



「ひやまけんたろうの妊娠」ドラマ、ネットフリックスでこれから見逃しなし!

 

「ヒヤマケンタロウの妊娠」いかがでしたか?

2022年4月21日配信予定、追記します!→追記しました!

 

妊娠した斎藤工さんを背中から抱きしめる上野樹里さん、二人の姿が本当に美しい✨。

妊娠、出産っていいよね、みんなで助け合おうねというあったかいメッセージが伝わります。

 

Netflixで是非お見逃しなく!私としては★★★★★5です!

 



タイトルとURLをコピーしました