スポンサーリンク

「結婚白書」Netflix韓国ドラマ感想あらすじキャストネタバレ評価★4 イ・ジヌク主演 結婚にまつわるあれこれコメディ

ラブコメディ!
スポンサーリンク

ネットフリックス今回は『結婚白書』。

私の大好きなイケメン俳優のイ・ジヌク主演と聞けば、観るっきゃないですよね❤

それでは、「結婚白書」あらすじ感想についてもご紹介、ご参考にどうぞ



スポンサーリンク

「結婚白書」Netflix韓国版ドラマキャストは?

キャスト

イ・ジヌク

花婿、ソ・ジュニョン。36歳。

「結婚白書」ジュニョン「不可殺」ファル「スイートホーム」ヤクザのサンウク役イ・ジヌクの身長、年齢、結婚は?Netflix韓国ドラマ 
2021年ネットフリックス新作のドラマ『Sweet Home〜俺と世界の絶望〜』を見て、「モデルっぽいイケメンだなー」と思ったのが、イ・ジヌク。 なんたって優しい笑顔とのギャップ萌え。 今後このドラマでも重要な役割を果たしそうな...

イ・ジヌクと言えば、「スイートホーム」がめっちゃかっこよかった!「不可殺プルガサル」もいいけど、ストーリーもめっちゃ面白いので、未見の人は「スイートホーム」ぜひ!!

シーズン2心待ちにしています。

「スウィートホームSweet Home」シーズン2Netflix続編ラストは?ネタバレキャスト相関図!韓国ドラマ俺と世界の絶望評価★5!
ネットフリックスで配信されているオリジナル新作ドラマ、今回は韓国ドラマ「Sweet Home(スイートホーム)~俺と世界の絶望~」。 サスペンスホラーで、私ホラー嫌いなはずなんです。 ところが!! いやー、すごい!...
「不可殺」韓国あらすじ1~最終16話感想一部ネタバレ評価★3 ラストは?Netflix韓国 プルガサル、黒い穴?ドユンも?ウルテの正体
ネトフリ韓国ドラマ「不可殺ー永遠を生きる者ー」。 イ・ジヌク主演のロマンチックサスペンスホラー。 倭寇が出没する時代からスタート、現代に舞台が移ります。 展開がどうなるのか、わくわくしますよね! では、あらす...

イ・ヨニ

花嫁、キム・ナウン。32歳。

ソン・ジヌ

ファン・スンオン

キム・ジュヨン

キム・ミギョン

イム・ハリョン

ユン・ユソン

キル・ヨンウ



「結婚白書」Netflix韓国ドラマあらすじ

プロポーズを受けたら、あとは幸せな結婚式を挙げるだけ…と思ったら大間違い! 婚約した2人にとって、結婚までの道のりは思わぬ波乱の連続だった。

Netflix公式より

第一話 始球式

2年間交際中のラブラブなジュニョンとナウン。32歳になったナウンは、結婚を夢見る。ヒソン先輩は、「結婚は男のやる気次第。誘導せよ」とナウンに話す。

ナウンはさりげなく結婚を話題にするが、ジュニョンははぐらかす。イラついたナウンは、「結婚」と言う言葉を連呼するが、避けられる。ずっと主導権を握っていたと思った自分だったが、結婚する気がないのかと悲観的になるナウン。空気を読まず、レストランでもらったスクラッチを嬉々として行い、見事ヨット乗船券を充てるジュニョン。

寒空の中、ヨットのクルーズをする二人。はしゃぐジュニョンにイラつくナウンが強引に船室に入ると、そこには、プロポーズの準備がされていた。自分の誤解に恥ずかしくなるナウン。ジュニョンは、これもサプライズとナウンを抱きしめる。ジュニョンのビデオメッセージに涙ぐむナウンに指輪を渡すジュニョン。

「結婚準備に入ったら苦労、苦行」と警告する先輩の言葉を笑い飛ばすナウン。「野球の試合は始球式から始まる」と言うジュニョン。



ちょこっと感想

ご祝儀は変額保険とかなかなかシビアな意見笑。「相手に殺意が芽生えたら離婚」とか離婚経験者の先輩の意見、怖いです。。

「考え過ぎちゃう子は悲観的になる」わかりますー。墓穴掘っちゃいますよね。これにはみんな「あるある!」と心当たりあるのでは?相手のはっきりした気持ちを聞かないまま、落ち込まない様に、何事も気楽にいかないとね。

記憶に残る素敵なプロポーズ!!!かっこいいジュニョン、イ・ジヌクー!

プロポーズ目でのネタ晴らしも、ドタバタして可愛い♡



第2話 サインミス

野球中継を見ながら、父親からサインミスの重要性について話を聞くナウン。ジュニョンは「ナウンを世界一幸せな花嫁にしたいから、結婚準備をナウン任せにしない」と意気込んでいた。

ナウンとジュニョンは、両親の顔合わせを計画する。庶民的なナウンの家。大げさな母は「顔合わせは威勢の戦い」と好戦的。上品なジュニョンの家。ジュニョンは「お金のことは口を出さないで」と母に釘をさすが、母は不満そう。

緊張すると空気が読めないジュニョンを心配するナウンは、会社のヒソン先輩から「顔合わせでは具体的なお金の話はするな」と忠告される。帰宅すると、母が顔のマッサージを受けてあざができていた。ナウンは、「気まずい話題、親が険悪になりそうなときはサインを出すから、それに従って」とジュニョンにいろいろなハンドサインを教える。

顔合わせの日。さっそくジュニョンの母は、ナウンの母を見定める。新居を用意するというジュニョンの母に結納品を頑張るというナウンの母。些細なことで張り合ってしまう。空気が読めないジュニョンに内心イラつくナウンの父。空気が悪くなるが、ジュニョンは「頼りない二人だけど力を合わせ二人でしっかり準備する」と宣言する。ナウンはジュニョンの家族を、ジュニョンはナウンの家族を和やかに見送る。ナウンの母は「結婚はお金で始まりお金で終わる」と心配するが、父は「2年も付き合ってるんだ。自分たちでやると言っているし」と話す。



ちょこっと感想

ナウンが寝ていたシモンズのベッド!寝心地いいですよねー✨。結婚前は、カタログ見たりして、内装に夢を抱くんですよねー(いつの間にか生活臭のある空間になるけど。。)

空気が読めなくて挙動不審になるジュニョン笑。可愛い。。

離婚経験者のナウンのヒソン先輩の言。「顔合わせは顔合わせ。具体的なお金の数字は出すな」とか、確かにそうですよね。ギスギスしちゃいますもの。

顔合わせ、あんなにギスギス張り合うもの??結婚は家と家の繋がり。これからもいろいろありそうですね。

結婚、確かにお金の話は大事ー!!!!(力を込めて言う)。付き合ってるときって、具体的な話はしないものでは(少なくとも私はそうだった)。でも、貯金や金銭感覚、お互いすり合わせとく方が吉。

さて二人はどうでしょう?(波乱の予感)。



第3話 セーフティーバント

義父母に家の保証金を出してもらうことになったナウン達。しかし、ジュニョンの貯金額や収入、指揮の予算額も知らずに結婚準備をしているナウンに、同僚たちは驚く。

ナウンは、さりげなく自分の貯金の話をするが、ジュニョンの返答は的外れ。ブライダルフェアに行ったナウンとジュニョン。「値段は気にせず気に入ったものを買おう。一生に一度の結婚だ。後悔のないようにしよう」と言うジュニョンに「予算を決めて買おう。コスパも吟味したい」と抵抗するナウン。二人の雰囲気が微妙になる。

ジュニョンは同僚のミヌ達に愚痴をこぼすが、「それは恋愛から結婚になるからだ」と諭される。「守るものは二つ。財布のひもと公認認証書。けち臭くなり、人生が疲弊し始める」と嘆く既婚者先輩たち。公認認証書を握られると、カード履歴から何にお金を使ったのかまで丸わかり。ジュニョンは、家計管理について悩み始める。

ナウンは、先日きちんとお金のことが聞けず後悔中。デートでお金のことを切り出す二人。結婚後ではなく式のお金をしたいナウン。ジュニョンは、投資の話をし、これからも各自でお金の管理をしてはどうかと提案する。もやもやするナウン。

ナウンは、母親に結婚準備の愚痴をこぼす。母は、「うじうじ悩んでも誰もわかってくれない」と口に出すようにアドバイスする。そのころジュニョンは、ミヌ達同僚と家計管理を勝ち取った祝勝会を開いていた。金にうるさいと非難する先輩たちに「経済観念が自分よりしっかりしている」とナウンを擁護するジュニョン。気分を害し、ナウンを幸せにしたい自分に気が付く。

ナウンと会ったジュニョンは、「相談すべきだった。君の意見を聞かなかった」と謝る。ナウンは「経済状況は共有して、お互い管理は別にしよう」と提案し、自分の資産報告書を渡す。ジュニョンは、「これから夫婦になるから悩まずに何でも話して」と話し、抱きしめる。しかしナウンは、ジュニョンの高額なカード明細に驚きあきれ果てる。



ちょこっと感想

「お金と言うガソリンがないと、式は進まない」は金言です✨。お金問題は、ほんっとうに!!大事!!男の人は、何かと家計渡さない人いますからねー。貯金も誤魔化そうとしたりよくある話。

庶民で堅実派のナウンと、お金持ち家庭出身で浪費家のジュニョン。ナウン、日本円で1000万円くらいの貯金、実家住まいとはいえ、頑張ってますよね。それに引き換え、ジュニョン、一か月のカード金額が、日本円で300万円くらい?ひー。。。。

これは、生活を合わせるのは、なかなか大変そう。。

堅実派に財布を渡すのが賢明だと思いますが、皆さんの家庭はどうでしょうか??



第4話 外野フライ

ジュニョンのカード明細に驚くが、気を取り直して、ドレスの試着に臨むナウン。「基本料金が合理的。ナウンを魅力的に見せられれば、自分の高い新郎コレクションラインのは要らない」と言ったジュニョンを見直し、友人たちに自慢するナウン。しかし、ナウンの知らないところで、ジュニョンはナウンの友人たちにサプライズのブライダルシャワーを持ち掛けていた。

張り切ってブライダルシャワーの準備をするジュニョン。ナウンは、平日、結婚式の打ち合わせを持ち掛けるも、仕事を理由に断られ、訝しむ。ヒソン先輩やスヨンたちは、残業代を稼ぐためではないかと話す。

ジュニョンは、ミヌとナウンの友人ヒソンたちに、ホテルのスイートルームブライダルシャワーの準備を頼む。ナウンをスイートルームに連れて行ったジュニョン。最初ナウンは感激するが、ミヌがジュニョンの計画だとばらしてしまう。ジュニョンのサプライズ散財に眉を顰めるナウン。ジュニョンは「もう無駄遣いしない」と誓う。機嫌を直したナウンは、ヒソン、スヨンとブライダルシャワーを行う。ナウンは、ジュニョンの金銭感覚に疑いを抱く。そのころ、ミヌはヒソンが気になっていた。



ちょこっと感想

ブライダルシャワー、おしゃれ✨。すごく素敵ー!!もっとたくさん友人呼べばよかったのにー。ホテルのスイートってことは、かなりお金かかってますよね?これは、ナウンが危惧するのももっともかも。。

ジュニョンもナウンも、いい友人を持ってますよね。

次回は結婚式場がテーマとのこと。ホテルか、コンベンションホールか?招待客の数、料理などなど、金銭感覚でもめることがたくさんありそう。結婚式、本当に一つ一つ決めなくちゃいけないことが多すぎて、疲れるんですよねー。

頑張れ、ジュニョン、ナウン!



第5話 リリーフピッチャー

「恋愛と結婚は違う」と自分の意思を結婚準備に反映させる意気込みを見せるナウン。結婚式場を下見に行ったジュニョンとナウン。

ナウンのために最高の結婚式をしたいジュニョンは、雰囲気重視。挙式と披露宴を同時にできる豪華なホテルを主張する。が、ナウンは、招待客の利便性、挙式と料理が別で現実的な予算のコンベンションホールを推す。

ナウンは、ジュニョンがホテルを推す理由を尋ねるが、ジュニョンは確固たる理由を見つけられない。

ミヌは、ヒソンを気に入り、連絡をするが、ヒソンはつれない態度をとる。

大企業の父と母の体面を重視するよう言われたジュニョン。ナウンは自分の父がコンベンションホールを推していると嘘をいい、自分の主張を通そうとする。ナウンの父は、お互いの家を比べられそうで不安な気持ちを口にし、ナウンを慮る。

あることを思いついたジュニョン。招待客を減らしお互い満足する案として、「スモール」と言いかけたジュニョンを制するナウン。ジュニョンとナウンはお互いを気遣う。

ジュニョンは、母に「ナウンの会社のコンベンションホールで式を挙げるつもりだ」と話すと、母は体面を気にして反対する。が、「次からは母の意見を積極採用する」と言ってしまい、母は「結納箱は私の思う通りにする。我が家の格をナウンに知ってもらう」と宣言する。



ちょこっと感想

結婚式場も、どこにしたらいいのか悩みますよね。みんなどうやって決めていくんでしょうか。

それにしても、ナウン側の招待客300人?!ジョンヨン側800人?!!すごく多くありませんか?韓国ではこれが普通なのかな?これはお金かかりますよね。。

ヒソンの「どうせなら病」、わかります!なぜかどんどん増える予算。桁の感覚が無くなっていく。こわいですよね。。

式場、ホールになるみたいですが、次回の結納箱が、より大変そう。結婚は当人同士とはいえ、家の格も、大事ですよね。



第6話 危険球

結納箱に収める、高価な品を次々と購入し「新しく迎えるお嫁さんを歓迎したい」というジュニョン母。それを信じたジュニョンだったが、母は密かに品物の値札を付けたままにしていた。

ナウンは「姑は口出ししない理解ある人だ」と話すが、ヒソンたちは「結婚したら違う。心の行間、言葉の裏にあるニュアンスを読め」と忠告する。

ジュニョンが結納箱を持って登場するが、まず現れたのは、リモワのスーツケース。中から出てきたブランド品の数々に驚愕する家族や友人ヒソンたち。帰り道、ヒソンたちは、「家を用意されたら、キムチや法要をやらなくてはならない。お返しが大変」とため息をつく。そしてヒソンは密かにミヌと付き合い始めていた。ナウンの両親は「娘が大歓迎されている」と大喜びし、近所にも自慢しまくる。が、ミンクのコートにつけられた値札2千万ウォンを見つけ驚愕し、「何か裏の意味があるのではないか」と気が付く。

ナウンの母は、結婚資金としてためていた5000万ウォンの通帳をナウンに渡し、しっかり準備をするように言い渡す。ヒソンは「ミンクはピンキリ。この値段だと知らせてお返しをしろという意味では」とナウンに話す。ナウンは、ヒソンが誰と付き合っているのか聞き出そうとする。

ナウンとジュニョンとともに、ジュニョン両親に挨拶に向かう。ヒソンの言葉を思い出したナウンは、言葉の裏を読み取って行動する。ナウンは素直にどんな品物を送ればいいのか迷っていると言い、ジュニョンの母に聞く。ジュニョンは母は、「寝室の封筒に答えがある」といい、ブライダルエステのチケットをプレゼントする。そして「ミンクは好みがある。毛皮に反対の人もいるし、箪笥の肥やしにならない様にタグをつけておいた」と話す。実はジュニョンの母は、値札を付けた自分の行為を、幼稚なことをしてしまったと後悔していたのだった。

ジュニョン母から「お返しはジュニョンの腕時計だけでいい。負担に思わず気軽に用意してね」と言われたナウンだったが、思い悩む。



ちょこっと感想

結納箱。伝統的なやり方があるんですね。面白いー!と思ったら、リモワのスーツケース!?箱がリモワ。。。中身も推して知るべし。。家の格を知らしめる姑の心意気、恐ろしや。。

…と思ったら、ジュニョン母、後悔していたんですね!意地悪な姑じゃなくてよかった✨。

しかし、結納箱8000万ウォンかあ。。大変ですね。。



第7話 エラー

結納箱の返礼品として、ジュニョンのために、入手が難しい腕時計を購入することにしたナウン。開店前から百貨店に並んだものの、目当ての品ビッグ・バンの腕時計が売り切れで、入荷時期もわからないと聞いてがっかりする。

そのころ、ジュニョンは結納箱の値段8000万ウォンが気になっていた。ナウンが自分のために骨を折っているのを知り、嬉しくなるジュニョン。

ナウンは、ヒソンたちの力を借りて買い物に走るが、そこにジュニョンから、「ほかの欲しかった時計を見つけたので、カードで買った。あとで君がサインして」と連絡が入る。落ち込むナウン。帰宅すると、母が対抗するように高級品を買って、結納品を整えていた。

ジュニョンは、ナウンが機嫌が悪い理由がわからない。ミヌから、「ビッグバンより高い時計を買ったから怒ったのでは?」と言われる。ミヌは、ジュニョンとナウンのことを出しにしてヒソンを誘う。

ジュニョンは、ナウンの買い物に付き合う。ジュニョンの父へのプレゼントだったが、ナウンは頑なな態度を崩さない。怒っている理由がわからないジュニョンは、とりあえず謝るものの、それもナウンはイラつく。

ジュニョンは、ヒソンにナウンの怒りの理由を尋ねることに。ヒソンは時計の経緯を話し、「ナウンが結納箱の値段を調べたのは、一つの品物値段がついていたのでそれを気にした。姑のことを気にしていた」とナウンに対する誤解を解く。

ジュニョンはお土産を持って、ナウンを訪ね、勝手に一人で時計を手に入れてはしゃいでいたことを謝る。「一人で悩まない様にしっかり自分が守る」とナウンを抱きしめるジュニョン。



ちょこっと感想

ジュニョンの喜ぶ顔が見たくて、希少な腕時計をゲットするために一所懸命なナウン。いじらしい✨。

そして、最後のジュニョン、何ですか、これー!!!もう優しくて気遣いできて、完璧彼氏じゃないですかっ❤。しかもイケメン、お金持ち、もう言うことないし!!!!

どこに行けば、こんな人と出会えるの??二人のなれそめを知りたいー。。こんな人がそばにいてくれたらいいな❤を具現化してますよね、ジュニョン。このシーン、本当ににやにやしちゃいます。。



第8話 ダブルブルー

ヒソンは、自分のプライベートを探り、アピールしてくるミヌに苛立つ。

仕事が忙しく、遅刻したりミスしたりで謝ってばかりのジュニョン。ナウンからの結納品が届く日にも遅刻してしまう。そんな中、新居探しの話になる。「ジュニョンの今の部屋のインテリアのセンスが素敵」と言ったナウン。実はジュニョンの母が選んだインテリアだった。成り行きで、ナウンは徐ニョンの母と一緒に家具を選ぶことになってしまう。それを聞いたヒソンやミヌは心配する。

家具店に向かった、ナウン、ジュニョン、ジュニョンの母。ナウンは自分の好みのベッドを否定されて、ジュニョンに愚痴る。ジュニョンの母は良かれと思ってアドバイスするが、ナウンはどんどん自分の意見が通らなくなり、イライラして、つい口答えしてしまう。慌ててその場を取り繕うジュニョンとナウン。ジュニョンは、母に「アドバイスを求めただけで、指図されるのは疲れる」というが、「ケチをつけられた」と母は機嫌を損ねる。板挟みになったジュニョンの姿を見て、ジュニョンの母は、眩暈がすると言って帰ってしまう。

再び家具店に戻ったジュニョンは、集中できず、ナウンに「好きなものでいい」と話す。ナウンは「お母さんが嫌なのではなく、お母さんが優先なのが嫌だ」と言い争いになり、店を後にする。

ナウンは父から、「ジュニョンから謝罪をされると気持ちいいか」と諭される。

ジュニョンは母に、詫びて許しを請う。改めて家長の責任を感じるジュニョン。



ちょこっと感想

ジュニョンのお母さま、綺麗でセンスがいいけど、新婚夫婦の品物選びは二人に任せてほしいー。。家具選び、失敗したら、また二人でやり直すでしょう。

口出し過ぎず、見守るのが子育てですよね。いつまでたっても。。。

かっこよくていい人なジュニョン。マザコンではなく両親を大事にしているだけなんだけど、ナウンもわかってるんだけど、難しいですねー。

次回はいよいよ家!!!!もっと大変そう?



第9話 乱闘

喧嘩別れのようになり、そのままお互い連絡せず月曜日を迎えてしまった二人。悩み過ぎて同連絡していいかわからなかったジュニョンだが、ナウンは「ジュニョンが以前と変わってしまった」と感じてしまう。ヒソンは、「ナウンから連絡して折れてあげたらジュニョンも折れる」とアドバイスする。

ヒソンは、会社の上司にミヌと会っているところを目撃され、誤解される。

ナウンは、ジュニョンに連絡し、食事に誘う。気まずい雰囲気に、ジュニョンはなかなか謝罪の言葉を言い出せない。ナウンが謝りだすと、ジュニョンも謝り、とりあえず丸く収まる。

ナウンの母親を連れて、家緒を見に行くことになったジュニョンとナウン。不動産にかかわり20年のナウンの母は、「ナウンが味わった気まずさをジュニョンにも味あわせる」と意気込む。しかし、当日、ジュニョンの母親も急遽やって来る。いきなり、お互いの親の牽制が始まってしまう。

新居候補の見学が始まる。お互いの親の意見が対立し、板挟みになるジュニョンとナウン。ジュニョンの母は、「先日の家具の時もあとからメッセージの一つもなかった。家のお金を出すのはうちなのにいきなり購入しろなんて」とジュニョンに愚痴をこぼす。ナウンの母は「家の決断主導権は自分が握る。娘を守る」と鼻息が荒い。

「とりあえず場を収めたい」というジュニョンに「先延ばしにはしたくない。いつも口先だけで謝る」と言い争いになるナウン。それを聞いてしまったジュニョンの母は「私の前では謝って、裏ではジュニョンを責めてる。本心はどうなのか」とナウンに詰め寄る。そこにナウンの母がやって来る。



ちょこっと感想

ついに家の問題です。結納品、家電以上に、家選びは難しいですよねー。

札王さんのプロなナウンの母親登場。が、強い味方になると思いきや、しゃしゃり出すぎでは。。。

お互いの子どもの通勤や生活のレベルを思い、なるべく子どもに寄り添った家を、と考える徐ニョンとナウンの母親。

家見学に親を連れて行かなければよいのに、と外野は思います笑。

だって、ジュニョンもナウンも、30歳過ぎたちゃんと仕事してる社会人。自分のことは自分で決められますよね?ジュニョンの母も、ナウンの母も、子どもが大事なのはわかるけど、もう少し距離感持ちましょうよー、と外野は思います笑。

この回は、乱闘、というか、ほぼ場外乱闘も入ってますよね。。。

中途半端に終わってしまったこの回、次回も続きます!



「結婚白書」Netflix韓国ドラマ見どころは?一部ネタバレ。おすすめ!

「結婚白書」 「スイートホーム」「不可殺」イ・ジヌク、イ・ヨニ主演 どんなドラマ?

恋愛を経て、さあ結婚!ハッピーエンドー!…と言うのが、漫画、童話の結末ですが、実は結婚までには、もう一苦労があるんですよね。

それが、結婚準備。

たかが婚約、顔合わせ、結婚式、新居探し、と言うなかれ。今までの生きてきた人生の違い、価値観のすり合わせ、結構大変なんです。私も、何度「ああ結婚ってめんどくさい」「なんでこの人はこんな考えなの?」「もっと一緒に準備してよー」「もう疲れた。。。」と思ったことか。

そんな結婚前のドタバタ準備&様々な問題を解決していく様子を、一話完結、12話で見せてくれるのが、このドラマ「結婚白書」なんです❤

面白そうですよね!

エピソードは、一生の記念のプロポーズ、どきどきの両家の顔合わせ、伝統的なハム(韓国の結納品の木箱)の儀式、二人の新居探し、お金の価値観など、テーマが分かれています。

結婚した人は「ああ思い出すー」と感慨にふけるかもしれないし、これからの人は、いい勉強になるかもしれませんね。

私としては、韓国の儀式に興味津々かも?

 

イ・ジヌク、イ・ヨニ美男美女のハッピーコメディドラマ、期待しかない!

しかし、サスペンスバイオレンスホラードラマ「SweetHomeスイートホーム」でメインキャラを演じたイ・ジヌク、このドラマでは、本当の意味で「スイートホーム」を作るんですよね笑。ちょっとしたご縁を感じます笑❤(ホラーにならないことを祈る。。。)



「結婚白書」ネットフリックスでこれから見逃しなし!

 

「結婚白書」いかがでしたか?

結婚に至るまで、いろいろありますよね。意見のすり合わせ、本当に大変なのです(結婚してからも大変だけど笑)。そうして、家族になっていくんですよね。

Netflixで是非お見逃しなく!私としては期待値★★★★4です!

 



タイトルとURLをコピーしました