スポンサーリンク

『ヴィッキー・コウシャル』「デビル」「平方メートルの恋」のインド俳優出演作品、経歴、年齢

インド映画俳優
Actor Navdeep, Co Founder C Space Along With Rakesh Rudravanka - CEO - C Space
スポンサーリンク

様々なインド映画で活躍してる俳優さんがたくさんいますが、「え?この映画の俳優とあの映画の俳優、同じ人なの?気が付かなかったー」という人いませんか?
私はいるんです。全く気が付かなかった、精神的近視かよ!なレベルです。俳優さんすみません。。
その一人が、ヴィッキー・コウシャル。おひげも素敵。
今回はこの「ヴィッキー・コウシャル」について調べてみましたので、お届けしたいと思います!


スポンサーリンク

『ヴィッキー・コウシャル』プロフィール。出身、年齢は?結婚してるの?

・名前   :ヴィッキー・コウシャルVicky Kaushal
・生年月日 :1988年5月16日(32歳)※2020年11月現在
・出生地  : マハーラーシュトラ州ムンバイ チャウル
・職業   :俳優

ちょうどいい感じの乗りに乗ってる年齢です。
だんだん大人の色気が出てくるころ。
結婚しているのか、誰かと交際しているのかはわかりませんでした。
周りは素敵な美女ばかり、ヴィッキーも素敵な人なので、誰かお付き合している人がいても不思議じゃないですね。


『ヴィッキー・コウシャル』俳優になったきっかけは?

ヴィッキー・コウシャル、実は父が、ボリウッドで活躍していたスタントマンでアクション監督のシャーム・コウシャルだったんです。お父さん、芸能人だったんですね。
父のシャームは浮き沈みの多い芸能の仕事をしていたからなのか、インドの学歴社会を考えたのか、ヴィッキーには安定したちゃんとしたキャリアの仕事の道を歩んでほしいと考えていたそうです。
それでヴィッキーは、ラジーヴ・ガンディー工科大学に進学、電子工学と電気通信の学業を修めました。その後就活中にオフィスで働くのは性に合わないと映画産業に進む決心をし、父に同行して現場感覚を学部傍ら演技の勉強をしたようですね。
サニー・コウシャルという弟も俳優の道に進んだそうです。どんな作品に出ているのかは不明ですが、お兄さんのヴィッキー・コウシャルのようにイケメンで、お父さんのシャームのようにアクションもできちゃう俳優さんなのでしょうか。
確かに俳優という職業は水物なのかもしれないけれど、人生一度きり、自分の好きな道に勧めてよかったなあと思います。
ヴィッキーはダンスもアクションもキレキレな俳優さん。今後兄弟共演情報あったら面白そうですね。


『ヴィッキー・コウシャル』俳優として初出演作品は?その後のおすすめ作品は?

ヴィッキー・コウシャルのデビューは、2012年。
舞台『Laal Pencil』でスタート、その後アヌラーグ・カシャップの『Luv Shuv Tey Chicken Khurana』で映画もデビューしました。24才の時ですね。下積みもそれほどではなく、順調な滑り出しなのではないでしょうか。
そして、2016年アヌラーグ・カシャップの『DEVIL デビル(ラーマン・ラーガヴ2.0)』に出演です!


『DEVIL デビル(ラーマン・ラーガヴ2.0)』

『ラーマン・ラーガブ 2.0(DEVIL)』ネットフリックスインド映画サスペンスおすすめ見どころ!あらすじ感想結末★4
さて今回のインド映画「ラーマン・ラーガブ 2.0(DEVIL)」。 2016年公開された2時間13分、実在したサイコキラーを描いたダークサスペンス。 とことん振り切れた演技のナワーズッディーン様。 圧倒的などす黒い...

私の大好きなイケメンおじ様俳優ナワーズッディーン・シッディーキー、ナワ様と共演!
ナワ様演じるサイコパス殺人鬼ラマン・ラーガヴと対峙する警察官役。

めっちゃ凄かった。

最初「普通に正義感強いイケメン警察官なんでしょ?ナワ様に翻弄されちゃうんだよね」とふんふんと観てたら、、、、いやいやいやあ。そんじょそこらの、並の翻弄されっぷりではないのです。
なんたってナワ様は凄腕の?サイコパス。なので、ヴィッキー警察官のココロのすきをついてくるんですが、このヴィッキーの堕ちっぷりと言ったら。。。ぼろっぼろになって床に倒れこみ泣き崩れ落ちるところがセクシーでしたわ(Sかよ笑)。
「ナワ様と張り合うくらいの、このダークな演技凄いなー」と感心しちゃったのですが、ヴィッキーは自分の性格と役柄があまりに違ってたので、人との接触交流を断って役作りをしたとか。この演技は批評家の間でも評判だったそうです。ホントに鬼気迫ってました。


『平方メートルの恋』

『平方メートルの恋』Netflixあらすじ感想インド映画ネタバレ★4
ネットフリックスで配信されている様々なインド映画。 さて今回ご紹介するのは、インドの今どきの若者二人が家をめぐって織りなすラブコメディ「平方メートルの恋」。 2018年公開製作された2時間13分のラブコメディ作品、インドの住宅事...

映画『DEVIL デビル(ラーマン・ラーガヴ2.0)』で、知名度が上がり、2018年2月にインド初!!のNetflixオリジナル映画『平方メートルの恋』で主演しちゃうのです。抜擢ですよね!

これがまた、いい映画。先に「平方メートルの恋」観てたんですが、ヴィッキー・コウシャルの雰囲気が違い過ぎて全然気が付かなかった。だって、こっちの映画では、二人の女の間で揺れ動く優柔不断の優男。歯磨きするとき、マントしちゃうんですよ(きっと映画を観ないと何が何だかわからない説明)。明るくチキンダンスしちゃうんですよ。んもー❤可愛い。私も踊る!!




『慕情のアンソロジー』

https://hello-eigalife.com/bojyounoannsorojiomunibasu-551

そして6月には同じくNetflixオリジナル映画『慕情のアンソロジー』に出演。女性の欲望をを題材にしたアンソロジー映画なんですが、めちゃ面白い!イチオシ映画の一つです!「インド映画でこんな赤裸々に女性のセクシャルなことを題材にしちゃっていいの?女優さん、大丈夫?」と心配になっちゃいました。。でもそこが良いのよー。ヴィッキーはカラン・ジョーハル監督の短編でキアラ・アドヴァニと共演してますが、こちらもヘタレ役。色々な意味でヘタレです笑。大いなるヘタレです。でも最後はきゅんとしちゃうヘタレです(内容書きたいけど書けない)。

この変幻自在っぷり、これからもっともっと伸びる俳優さんなんじゃないかなーと思います。イケメンだし、とても楽しみです。変幻自在のイケメン、最強。


『ヴィッキー・コウシャル』出演作

日本語字幕がないものが。。

ああ、英語やヒンディー語などなど堪能であればもっと世界が広がるんですが。わが身が口惜しや。。

・Luv Shuv Tey Chicken Khurana(2012年)
・Geek Out(2013年)
・ボンベイ・ベルベット(2015年)
・生と死と、その間にあるもの(英語版)(2015年)
・Zubaan(2016年)
・DEVIL デビル(ラーマン・ラーガヴ2.0)(2016年)
・平方メートルの恋(2018年)
・同意(2018年)
・慕情のアンソロジー(2018年)
・SANJU サンジュ(2018年)
・Manmarziyaan(2018年)
・URI/サージカル・ストライク(2019年)
・Bhoot – Part One: The Haunted Ship(2020年)




『ヴィッキー・コウシャル』まとめ。ネットフリックスで観ることができます!

ヴィッキー・コウシャルについて、いかがでしたか?
この映画ごとのふり幅は必見だと思います。カメレオンというか擬態というか、本当はどれ?っていうレベルですから(というか誰?ですね)。

ちなみに私は、おひげがあるヴィッキー・コウシャルの方が好きです。

おひげがある方がセクシーだと思います。ないと、すーすーしそうな感じで物足りないのですわ。

ということで、ヴィッキーの作品、ネットフリックスで「平方メートルの恋」「慕情のアンソロジー」「DEVIL デビル(ラーマン・ラーガヴ2.0)」は観ることができます!!
ネットフリックスさん、インド映画ファンを確実に救ってくれています。。ありがたや。
できるなら、もっともっと日本語字幕付けて、沢山配信してほしいです。
そして日本にもっとインド映画をー!!


タイトルとURLをコピーしました